Start content

神奈川からつくる、相模原のみらい

こんにちは、小田貴久(オダタカヒサ)です。

29歳で初当選し、3期11年間、相模原市議会議員として活動しています。

この間、令和元年東日本台風の発生や新型コロナウイルス感染症のまん延など、
危機的状況を受けて私たちの生活を見直すようになりました。

改めて皆さんは何に困っているだろうか、何をしたら喜んでいただけるかと考えています。

まずは何よりも「命と暮らしを守りたい」

そのために必要な神奈川県政における取組みを推し進め、
市政と県政をつなぐパイプ役として働きます。

いざ、県政改革!!

県政に向けた政策

相模原市は政令市になり、皆さんの生活に密着する、多くのことを自前でできるようになりました。

しかし「命と暮らしを守り」、さらに「日々の生活を豊かにする」には、まだまだ県との連携が不可欠です。

ぜひ当事者として、神奈川県政を身近な存在に迎え入れてみませんか?

一緒に活動してくれるサポーターを募集中です!

「動かなければ、出会えない。」 現場の声を大切に、今日も元気に活動中!!

  1. どんど焼き・続。
  2. お正月も終わり、、、?
  3. 開会会議に向けて。
  4. 相模原市賀詞交換会。
  5. 歳末火災特別警戒!
  6. イブは餅つき!
PAGE TOP