能登半島地震、支援活動。

相模原市内では、能登半島地震被災地のための支援の輪が広がっています。
支援策の一つとして募金活動が挙げられます。
それぞれの団体が被災地に思いを寄せながら活動しています。

昨日は相模原青年会議所の現役の皆さんとともに、30分だけでしたが橋本駅北口に立たせていただきました。
新成人の皆さんからも労いの言葉と、温かいお気持ちをお預かりしました。

また14時から17時までは、立憲民主党神奈川14区支部でも南口で募金活動を行いました。
約200名の方から95,000円もの金額をお預かりしました。
ここで大切なのは私たち「立憲民主党が募金活動をやっていること」ではなく、「被災地支援の方法として募金というかたちがある」ことを皆さんに知ってもらうことだと思っています。

今はまだ、被災地現地にボランティアで入ることが叶わない状況にありますが、私も被災地の皆さんに何ができるか考え、行動いたします。

関連記事一覧

PAGE TOP