かながわ鶏、実食!

第二回定例会の環境農政常任委員会で扱った、神奈川県初の地鶏、「かながわ鶏」を食べてみました!

以前の投稿を見た東橋本の肉屋さんが、2羽ほど仕入れてくださいました。

 

値が張るとは聞いていたものの、正直びっくり。。
内臓をくり抜き、首を落とした形の1羽で約7000円。
私が切り身で分けてもらった胸肉、もも肉、ささみ、手羽先と手羽元で3500円ほどします。
これには肉屋さんでの処理費用は特別かかっていないので、実際に購入するとなるともっと高いとのこと。
1羽まるまるクリスマスで提供したら、15000円とか20000円とかするレベルだそうです。
もう牛肉レベルですね!

塩コショウをふってグリルで焼いて食べてみた感想としては、
①歯ごたえがすごい
②鶏肉独特の臭みがない
③ジューシーだけど油っぽくない
④噛むと味わいが広がってくる
(※個人の感想です)

きっと飲食店で提供されるものは肉質にあった調理がされるはずですから、特色を生かせば美味しくいただけるのではないでしょうか?
何度も言いますが、「かながわ鶏」の開発から改良に県税が使われているのですから、多くの方の口に届いてほしいと願います!

関連記事一覧

PAGE TOP